自宅サーバーのmuninに温度監視を追加する ubuntu

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

以前公開用サーバーにインストールした munin やけど

ubuntu 環境の自宅サーバーにも入れてある。

CentOSと違ってリポジトリにあるのが普通に新しいので

aptで入れて動かしてるだけやったけど

これからの季節、温度が気になってきたので監視を入れてみることに。

 

まずはHDDから温度とか色々取得してくれる smartctl をインストール。

root@foo:~# apt-get install smartmontools

さくっと完了。

 

んでプラグインの存在確認

root@foo:~# ll -a /usr/share/munin/plugins/hddtemp_smartctl
-rwxr-xr-x 1 root root 8356 2010-04-13 21:53 /usr/share/munin/plugins/hddtemp_smartctl*

 

インストールはもともとされてたのでプラグインを有効化

root@foo:/etc/munin/plugins# cd /etc/munin/plugins/
root@foo:/etc/munin/plugins# ln -s /usr/share/munin/plugins/hddtemp_smartctl ./hdd_temp_smartctl

 

で設定

[hddtemp_smartctl]
user root

の設定が元々あったのでここにディスクと取得コマンドを設定してやる

 

[hddtemp_smartctl]
user root
env.drives sda1
env.args_sda1 -d ata

sda1 の部分は df とかやったときに出る /dev/*** の部分を指定してやる。

 

で、hddtemp_smartctlのプラグインにはバグがあるらしく

このままやとエラーになるらしい。

189 #    print "graph_vlabel temp in °C\n";

ここの「°」がエラーの原因らしいので

print "graph_vlabel temp in deg.C\n";

って感じに変更しておく。

 

仕上げにmuninの再起動っと

root@foo:/etc/munin/plugins# /etc/init.d/munin-node restart

 

root@foo:~# munin-run hddtemp_smartctl
sda.value 46

テスト実行してみると温度が。

 

動いてるようなので、しばし待つ。

グラフが生成されて完成!

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

あわせて読みたい

Fatal error: Uncaught Exception: 12: REST API is deprecated for versions v2.1 and higher (12) thrown in /var/www/junkpot.net/tech/html/wp-content/plugins/seo-facebook-comments/facebook/base_facebook.php on line 1273