話題の PHP IDE PhpStormを試してみた

Share on Facebook1Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

Screenshot_from_2013-02-06 15:36:00

 

 

JetBrainsユーザーグループ in 大阪で紹介されていた話題の PHP IDE PhpStorm がすごい便利らしいのでどんなもんやと試してみることに。

今まで名前を知ってるだけで真剣に試そうとしてなかったけど

 

こちらのスライドを見せてもらって俄然興味が。

ここ最近Androidアプリのお勉強のために Eclipse + ADT を使ってて、その使いやすさに感動。

こりゃNetbeansじゃ物足りないかも…と思って興味が出たのもあり。

 

基本有料のソフトやけど30日間お試し期間があるので気軽に試せますな。

ずっとNetBeans万歳って言ってたじゃねぇかと言われそうですが、こまけぇこたいいんだよ

 

兎にも角にも公式ホームページにアクセス。

Screenshot_from_2013-02-06 15:52:43

 

お試しダウンロードはホームページ右にあるこちらから。

EclipseやNetbeansと同様javaで動作するのでubuntuにもきっちり対応。

ダウンロードしたら展開して、 bin フォルダ内にある phpstorm.sh から起動。

 

 

 

 

Screenshot_from_2013-02-06 16:48:20

 

IDEでお馴染みの起動画面にPhpStormの文字がどーんと。

 

Screenshot_from_2013-02-06 16:09:11

 

 

起動するとworkspaceの場所を聞かれた後にライセンスを聞かれるので、一番下の30日無料お試しを選択して起動。

起動後既存のプロジェクトを読み込んでみる。

プロジェクトはcakephpで作ったもの。

 

まずは試しと Controller 内で「$this->」のコード補完をやってみたのがこちら。

Screenshot_from_2013-02-06 16:47:45

 

すげぇ( ゚д゚)

いやまだcakephpプラグイン的なものは入れてないんですが( ゚д゚)

ここまできっちり補完してくれますか( ゚д゚)

 

で次はController 内で「 public function 」だけ打って補完してみる。

 

Screenshot_from_2013-02-06 16:46:53

親classの実装も全部候補に出てくるじゃないですか( ゚д゚)

 

すげぇ。

これは使える。

使おう。

 

Netbeans の時にも問題だったフォントのアンチエイリアスが汚いのとかが PhpStorm でも起こっているので解決方法を探りつつ、試用期間きっちり使わせてもらおうじゃないか。

Share on Facebook1Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

あわせて読みたい

Fatal error: Uncaught Exception: 12: REST API is deprecated for versions v2.1 and higher (12) thrown in /var/www/junkpot.net/tech/html/wp-content/plugins/seo-facebook-comments/facebook/base_facebook.php on line 1273