CentOS さくらVPS yum関連の整理

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

参考: URL

yum がちゃんと入ってるのは分かったので

 

具体的になにが入ってるのかチェックをしよう。

 

[root@foo ~]# yum list | grep yum
yum.noarch                                 3.2.22-33.el5.centos        installed
yum-fastestmirror.noarch                   1.1.16-14.el5.centos.1      installed
yum-metadata-parser.x86_64                 1.1.2-3.el5.centos          installed
yum-updatesd.noarch                        1:0.9-2.el5                 installed

 

yum-updatesd が入ってますな。

 

これはサーバーに常駐して yum でインストール済みのパッケージに更新が無いかチェックするものらしい。

そしてメモリを食いつぶすとか言うバグがあるとの噂。

 

そもそも更新チェックに常駐とか必要無いので

yum-cron っていう 定期チェック型のパッケージに入れ替えることに。

 

まずは yum-updatesd の削除。

[root@foo ~]# yum remove yum-updatesd
Removed:
  yum-updatesd.noarch 1:0.9-2.el5

Complete!

 

さくっとインストール。

[root@foo ~]# yum install yum-cron

 

んで設定。

[root@foo ~]# cd /etc/sysconfig/
[root@foo ~]# vi yum-cron

 

いじったのは以下

 

更新チェックだけにするかどうか。

デフォルトはnoなのでyesに

CHECK_ONLY=yes

 

更新をダウンロードだけにするかそのまま更新もやってしまうか。

デフォルトはnoなのでyesに

DOWNLOAD_ONLY=yes

 

で起動して完了っと。

[root@junkpot ~]# /etc/init.d/yum-cron start
Enabling nightly yum update:                               [  OK  ]
Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

あわせて読みたい

Fatal error: Uncaught Exception: 12: REST API is deprecated for versions v2.1 and higher (12) thrown in /var/www/junkpot.net/tech/html/wp-content/plugins/seo-facebook-comments/facebook/base_facebook.php on line 1273