CentOS SSHからrootでの直接ログイン禁止

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

参考 URL

公開しているサーバーな以上

rootで直接SSHログイン出来るのは危険。

せめて一般ユーザーでログイン → rootユーザーへの切り替えと

二段構えにしておこうと設定開始。

はじめなのでroot以外のユーザーは居ない(はず)なので

適当に一般ユーザーを作成する。

[root@foo ~]# useradd [ユーザー名]
[root@foo ~]# passwd [ユーザー名]

 

作成したユーザーでSSHログインが出来るか確認しておいたほうが無難

 

んで、設定変更

[root@foo ~]# cd /etc/ssh/
[root@foo ssh]# vi sshd_config

vi のコマンドで行数表示してます。

 34 #LogLevel INFO
 35
 36 # Authentication:
 37
 38 #LoginGraceTime 2m
 39 #PermitRootLogin yes
 40 #StrictModes yes
 41 #MaxAuthTries 6

39行目あたりで PermitRootLogin を no に変更する。

 

保存してSSHを再起動

[root@foo ssh]# /etc/init.d/sshd restart
Stopping sshd: [ OK ]
Starting sshd: [ OK ]

 

無事rootでの直接ログインは出来なくなった。

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

あわせて読みたい

Fatal error: Uncaught Exception: 12: REST API is deprecated for versions v2.1 and higher (12) thrown in /var/www/junkpot.net/tech/html/wp-content/plugins/seo-facebook-comments/facebook/base_facebook.php on line 1273