自宅サーバー epgrec 小技

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

録画サーバーの番組予約に使ってる epgrec について

使ってるうちにちょこちょこコツ的なものを覚えたのでご紹介。


 

インストールURL

デフォルトでは

http://localhost/epgrec

になってるけど DDNSなんかで

外からはドメイン、LAN内からはIPとかでアクセスしてる場合は別になってしまうので

IPとかで指定すると外からの時サムネイルなんかが見えない。

 

録画済み一覧のソースを見てみるとどうもこの設定は

WEBで確認する時のURLの起点になってるっぽい。

ならapacheのドキュメントルートからのパスを書けばいいってんで

 

epgrec のインストール先が

/var/www/html/epgrec

なら

/epgrec

だけにしとけばアクセスのドメインなんかは関係なく

サムネイルも確認出来ると。

 

 

録画保存ディレクトリ

/video

デフォルトではこうなってる設定。

 

相対パスでの設定なのでインストールしたフォルダ以下しか設定出来ない。

じゃあ直下の「video」にシンボリックリンクを貼ってしまえばいいって事で

 

まずは既存のフォルダを削除

root@server:~# rm -R /var/www/html/epgrec/video

 

お好きな他の領域にリンク作成

root@server:~# ln -s /mnt/FrontDisk/Rec /var/www/html/epgrec/video

これで他のディスクなんかに録画が保存出来ますな。

リンク先をちゃんと書き込みが出来るようにだけ要確認でー

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

あわせて読みたい

Fatal error: Uncaught Exception: 12: REST API is deprecated for versions v2.1 and higher (12) thrown in /var/www/junkpot.net/tech/html/wp-content/plugins/seo-facebook-comments/facebook/base_facebook.php on line 1273