CentOS さくらVPS Apacheインストール

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

WEBサーバーの基本。

Apacheのインストールを開始。

さくらVPSにはデフォルトではインストールされてないので

依存とかユーザーとかその他もろもろめんどくさいので

まずは yum でインストール

[root@foo ~]# yum install httpd

 

んでインストールしたApacheは停止

[root@foo ~]# /etc/init.d/httpd stop
Stopping httpd:                                            [FAILED]

別に start されてなかった。

 

ソースからインストールする準備

HOMEにソース置き場のフォルダを作る

[user@foo ~]$ mkdir src
[user@foo ~]$ cd src/

 

最新のソースを取ってくる。

[user@foo src]$ wget http://ftp.kddilabs.jp/infosystems/apache//httpd/httpd-2.2.19.tar.gz

解凍してー

[user@foo src]$ tar -zxvf httpd-2.2.19.tar.gz

前入れた時のそのまんまな configure を実行

[user@foo src]$ cd httpd-2.2.19
[root@foo ~]# CPPFLAGS=-I/usr/kerberos/include/ ./configure \
--prefix=/usr/local/apache2 \
--with-mpm=prefork \
--enable-module=most \
--enable-shared=max \
--enable-so \
--enable-ssl \
--enable-rewrite \
--enable-deflate

configureにエラーがでた

checking whether to enable mod_deflate... configure: error: mod_deflate has been requested but can not be built due to prerequisite failures

 

–enable-deflate のオプションに zlib-devel ってのが必要らしい。

ので yum から install

[root@foo ~]#yum install zlib-devel

configure をやり直すとまたエラー

configure: error: ...No recognized SSL/TLS toolkit detected

 

SSL絡みのエラーと。

これも yum から install

[root@foo ~]# yum install openssl-devel
Installed:
  openssl-devel.i386 0:0.9.8e-12.el5_5.7
  openssl-devel.x86_64 0:0.9.8e-12.el5_5.7

Dependency Installed:
  e2fsprogs-devel.x86_64 0:1.39-23.el5_5.1
  keyutils-libs-devel.x86_64 0:1.2-1.el5
  krb5-devel.x86_64 0:1.6.1-55.el5_6.1
  libselinux-devel.x86_64 0:1.33.4-5.7.el5
  libsepol-devel.x86_64 0:1.15.2-3.el5

依存関係で色々入る。

 

やっと configure が通ったのでmake

[user@foo httpd-2.2.19]$ make
[root@foo httpd-2.2.19]# make install

 

んでと、ソースからのインストールが終わったところで

/etc/init.d/httpd

の起動スクリプトが書き換わってない…

あっるぇーと思いながら検索すると

http://www.itmedia.co.jp/help/tips/linux/l0481.html

こんな情報が

/usr/local/apache2/bin/apachectl

として出来上がってるようで

 

一応元のスクリプトを別名で保存して

[root@foo init.d]# mv ./httpd ./httpd.init.org

/etc/init.d 以下にコピーして出来上がり。

[root@foo ~]# cp /usr/local/apache2/bin/apachectl /etc/init.d/httpd

 

お約束の自動起動の設定をしようとしたら怒られた

[root@foo ~]# chkconfig --add httpd
service httpd does not support chkconfig

 

chkconfigに登録するには対応したコメントが必要なようで

コピーしておいたオリジナルの起動スクリプトからパクッてくることにする。

[root@foo ~]# less /etc/init.d/httpd.init.org
# chkconfig: - 85 15
# description: Apache is a World Wide Web server.  It is used to serve \
#              HTML files and CGI.
# processname: httpd

どうやらこのへんのようなので後で見て分かりやすいコメント入れて追加しとく

[root@foo ~]# vi /etc/init.d/httpd
# For support chkconfig on
# chkconfig: - 85 15
# description: Apache is a World Wide Web server.  It is used to serve \
#              HTML files and CGI.
# processname: httpd

こんな感じで追加

 

改めてchkconfigに追加する

[root@foo ~]# chkconfig --add httpd
[root@foo ~]# chkconfig --list httpd
httpd           0:off   1:off   2:off   3:off   4:off   5:off   6:off

 

追加されたので自動起動をON

[root@foo ~]# chkconfig httpd on
[root@foo ~]# chkconfig --list httpd
httpd           0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off

 

これで完了ー

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

あわせて読みたい

Fatal error: Uncaught Exception: 12: REST API is deprecated for versions v2.1 and higher (12) thrown in /var/www/junkpot.net/tech/html/wp-content/plugins/seo-facebook-comments/facebook/base_facebook.php on line 1273